ガールズバーで社会勉強

ガールズバーにおける体入の取り組み

ガールズバーでバイトをしたいと思っても、いきなりお客様を楽しませるトークができるのは稀で、自分に務まるのか不安に思う方も少なくありません。一方、多くのガールズバーでは、慢性的な人手不足が続いています。ガールズバーが求めているのは、決してトークのエキスパートだけとは限らず、新鮮さを求める顧客ニーズも一定数存在していることや、店内スタッフの個性やバリエーションの幅を持ちたい意図から、トークが苦手な方であっても、十分即戦力として活躍の場があります。そのようなミスマッチを解消するための施策として、ガールズバーの求人では、体験入店を略した「体入」を掲げ、まずはインターンとして、業務内容を体験してもらいながら、才能のある人材を確保しようと言う取り組みが進んでいます。本人に自信が無くても、まずは「体入」からスタートして徐々に慣れながら、本格的な仕事として継続することを検討したり、雇い主の側は、幅広い人材を確保できるチャンスとなるなど、さまざまなメリットがあります。